少子高齢化が進み労働人口が減少していくことから、政府も日本経済の再生に向けて、働き方改革を推進しています。働き方改革を推進するためには、「生産性の向上」「長時間労働の是正」、そして「多様な社員が柔軟な働き方を選択できる環境を整えること 」、つまりダイバーシティの推進は欠かせないものです。

熊谷組では「全員参加の経営」というスローガンを掲げております。いろいろな事情があっても、それを周囲がきちんと理解した上で活躍の場を用意できれば、全社員がそれぞれの能力を最大限に発揮でき、結果として会社の業績向上にも結び付いていくと考えています。

様々な視点を持って仕事を行なうことで、仕事の考え方・取り組み方などが変わり、生産性や品質・業績が向上し、最終的には会社の成長につながります。熊谷組はそういう姿を目指し、さらには実現していきたいと考えています。

株式会社 熊谷組
取締役社長